屋島へ行こう>屋島の塩田
屋島の塩田

屋島周辺では、江戸時代より塩造りが始められ、 1971年まで約200年間続けられた。
塩田は、屋島西町及び屋島東町の平地部に広がっていた(このほか、春日町、木太町、福岡町などでも行われていた)
ここでは、屋島西町の塩田について紹介します。
当初の塩田は入浜式という方式であったが、その後は流下式に変化し、1970年以降は塩田は廃止されて宅地化されました。
そんな塩田の思い出と、現在残る名残を紹介します。
なお、塩田について詳しく知りたい方は、一番下に参考文献を記載しましたので、参考にしてください。
地図と航空写真で見る屋島西町の塩田

明治初年頃の新浜・亥浜塩田
(出典:屋島の塩業誌 編著:山田竹系、発行:青木竹彦、昭和53年1月)

1916年(大正5年)発行地図の屋島西町の塩田

1931年(昭和6年)発行地図の屋島西町の塩田
現在のことでん志度線が開通している

1947年(昭和22年)の屋島西町の塩田

1959年(昭和34年)の屋島西町の塩田
入浜式から流下式に変化している

1967年(昭和42年)の屋島西町の塩田
朝日町の埋立、自動車教習所などが確認できる

1971年(昭和46年)発行地図の屋島西町の塩田
国道11号が開通している

1975年(昭和50年)の屋島西町
塩田が廃止され、造成工事が進んでいる

2007年(平成19年)の屋島西町
屋島大橋が開通し、すっかり宅地化されている

2020年(令和2年)の屋島西町
上記の旧版地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。
上記の航空写真及び地形図は国土地理院ウェブサイト(地図・航空写真閲覧サービス)より作成したものです。

塩田風景の過去と現在(左右対比してご覧ください)
 屋島山上より屋島の塩田と高松市街地
当時の風景 現在の風景
 塩田内の風景
当時の風景 現在の風景

写真で見る屋島西町の塩田
塩釜神社
記念碑
今も残る塩田時代の名残

 このページは、以下の文献等を参考に作成しました。
・_屋島の塩業誌 編著:山田竹系、発行:青木竹彦、昭和53年1月
・ 塩田のおもかけ 日本専売公社四国支社 昭和48年3月
・ 昭和30年頃の香川県 アーカイブス出版社、2007年1月
・ 目で見る高松・東讃の100年 株式会社郷土出版社、2000年7月
・ 栄光ある転進 屋島の塩田・蘇生の記録 高松市屋島土地区画整理組合 1980年10月
・ 塩田はるかなり もう一つの屋島 高松市屋島土地区画整理組合 1981年 
・ 屋島風土記 屋島風土記編纂委員会 2010年3月


屋島へ行こうに戻る